公開履歴
鏡を見て肌を気にする女性

美容を気にする女性の方には日々の生活習慣を見直したり、ケアプロストのような医薬品で美を追求したりなどしている方も多いかと思いますが、何より大事なのは睡眠だと言われています。
ただ眠っているだけと思われがちな睡眠時間ですが、実はその間、体の中では様々なことが行われています。
たとえば、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌です。
成長ホルモンは文字通り、体を成長させるホルモンのひとつです。
しかしだからと言って成長期の子供にだけ必要なホルモンと言うわけではなく、肌の生まれ変わりや発毛や育毛、筋肉の発達や脂肪燃焼と言う役割も担っているため、老若男女問わず、美容と健康のためには欠かすことができないホルモンだと言えます。
そして女性ホルモンは、女性の美容と健康を司っていると言っても過言ではない存在です。
見た目の美しさを左右しているのは勿論のこと、精神状態の美容に対しても非常に大きな影響を及ぼすため、心身共にはつらつとした美容を目指すためには重要なホルモンと言えます。
この内、成長ホルモンの分泌に関しては入眠後3時間にその分泌が盛んになることが、そして女性ホルモンに関しては浅い眠りであるレム睡眠と、深い眠りであるノンレム睡眠が交互に繰り返されることで分泌が正しく行われると言うことが明らかにされています。
ですから、少なくとも3時間以上は、質の良い睡眠をとることが美容にとっては非常に大切です。
そして質の良い睡眠をとるためには、朝、日光を浴びることで体を目覚めさせ、夜になると眠くなると言うサイクルを作ることが重要です。
ですから明け方近くや昼間、あるいは夕方頃に、睡眠は美容に良いからと言って眠っても、それはあまり美容のためになるとは言えないので注意が必要です。
そしてまた睡眠中には、記憶の整理も行われています。
嫌なことがあっても、その気持ちをどうにか切り替え頑張ることができるのは、この記憶の整理が行われているからこそと言うこともできます。
こう言った心の美容を保つ上でも、やはり睡眠は非常に重要です。